今私たちは顔を見せ、声に出して回復のために立ち上がっています。

ウイリアム・L・ホワイト
(チェスナットヘルスシステムズ 名誉リサーチコンサルタント)

アメリカのリカバリーアドボカシー(回復擁護)運動の理論的支柱であり、数年前に、日本でもリカバリー・パレードをやってみたらと促してくださったウィリアム・ホワイトさんから、「2013年リカバリー・パレードの成功に向けたプレイベント」(2013年8月11日、東京都障害者福祉会館)に集まった人々に対してメッセージが届きました。このメッセージは、日本のリカバリー・パレード運動そのものへの応援メッセージでもあるので、多くの人々に分かち合いたいと思います。

皆様へ

私は2007年に日本を訪れました。その時以来、この国に回復を進めようとする運動が起こるのをずっと心に留めて見守ってきました。あの訪問でご一緒に過ごした時のことや、頂いた贈り物などは今も私の励みになっています。

依存症からの回復については、今世界中でわくわくするような歴史的な時を迎えています。回復する人々と家族が、しっかりした見識をもった専門家と共に、文化的にも、政治的にも互いに助け合える社会を築き始めているのです。長い間、依存症者本人と家族への障害となってきた社会的な偏見に立ち向かう動きが広がっているのです。日本の回復運動もそうです。まさに、本日ここにおいでになっている皆様もまた、こうした思いを自覚していらっしゃいます。

今回のこのとても大切なプレイベントに、私からも一言申し上げようと思います。

これまでにアメリカ合衆国でやってきた回復擁護運動から得た重要な教訓を3つ申し上げます。

まず最初に、これは単純ですが奥の深いことです。それは、長期間に渡る回復の道のりややり方は色々とありますが、どれも皆祝福されるべきものであるということです。

第2は、回復は次から次へと伝わってゆくものだということです。回復したいのなら、回復から離れない、回復を手にする、そして回復を続ける、さらに回復を他の人たちに手渡していくということです。

3つめは、自分一人が回復することはもちろん素晴らしいことですが、傷ついた家族へ自分の悔いを改めた気持ちを伝えなければならないということです。また、次の世代へこのアディクションの連鎖をさせないことです。さらに、アルコールや薬物で傷ついている周囲の社会を癒すために、人々と連携することです。回復し続けていられる社会、それはからだも心も、社会的にも、精神的にも健やかでいられる場所。それをこの地上に創ることが私たちの仕事です。

今私たちは顔を見せ、声に出して回復のために立ち上がっています。回復の未来を分かちあうために立ち上がっています。皆様お一人おひとりとご家族の皆様が進む旅路の成功をお祈りします。

そして、皆様が始められたこの仕事の成果を、直にもう一度ご一緒して確かめられる日の来ることを期待しております。

ウイリアム・L・ホワイト
2013年7月31日

ウィリアム・ホワイト氏は、チェスナットヘルスシステムズの名誉リサーチコンサルタントを務めており、Faces and Voices of Recovery, USAのボランティアスタッフでもあります。ホワイトさんのこの分野の著作としては、“Let’s Go Make Some History: Chronicles of the New Addiction Recovery Advocacy Movement” があります。

(原文)

Remarks from Bill White
July 31, 2013

Dear Friends,

I have closely monitored the birth of a recovery advocacy movement in Japan since my visit with you in 2007.  I still have warm memories of our time together and your many gifts remain over my writing desk as a source of inspiration.  I wanted to send a long a few words of encouragement for what could be a most important meeting.

These are exciting and historical times. Recovering people and their families along with visionary professionals are awakening culturally and politically in countries around the globe. That awakening is seen in the growth and diversification of recovery mutual aid societies, the birth and renewal of recovery community organizations, calls for greater recovery orientation in addiction treatment, and challenges to the social stigma that has long constituted a barrier to personal and family recovery. And that awakening is also evident in the rising recovery movement in Japan and your presence here today.

If I was with you today, I would pass on three critical lessons from our advocacy work in the United States this past decade. The first is simple but profound: there are multiple pathways and styles of long-term addiction recovery, and all are cause for celebration!

The second is that recovery is contagious: If you want it, you have to get close to it, catch it, keep catching it and pass it on to others. The third is that personal recovery is precious, but we have to find ways to move beyond our own redemption to heal our wounded families, break intergenerational cycles of addiction and join with others to heal whole communities that are being wounded by alcohol and other drug problems. Our job is to create the physical, psychological, social and spiritual space in which recovery can flourish in communities across the globe.

Today we stand to put a face and voice on recovery. Today we stand to shape the future of recovery. I wish each of you and your families Godspeed on your journey into that future and look forward to the day when I will be with you again to witness firsthand the fruits of this work you have begun.

William L. White
Emeritus Research Consultant
Chestnut Health Systems

Author, Let’s Go Make Some History: Chronicles of the New Addiction Recovery
Advocacy Movement

Volunteer, Faces and Voices of Recovery, USA